佐治 力 土地家屋調査士事務所
こんなとき 土地家屋調査士の出番です。
土地家屋調査士は、他人の依頼を受けて、皆様の大切な財産である、土地や建物の不動産の調査、測量及び申請を、皆様に代わって行う業務であります。
土地家屋調査士は次に掲げる業務を行うことを業とします。
 知っておきたい境界標設置と管理
1.境界紛争がなくなります。
境界が現地において明確になっていれば、境界紛争は起きません。
2.財産の侵害防止になります。
境界標が現地に設置され客観的に認識できれば、土地の侵害は未然に防げます。
3.土地の管理を所有者自身によってできます。
自分自身の財産は、「自己管理」が原則です、境界標を設置しておけば、家族のだれでもが管理することが可能です。
4.費用負担の軽減になります。
コンクリート杭や石杭のような永続性のある境界標は、木杭より一事的には若干費用が高くなりますが、将来腐食して亡失した場合に復元する場合のあることを考えれば、木杭に比べてはるかに安価になります。
5.取引や相続が迅速に行えます。
もし何らかの事情で、譲渡又は相続等が発生し土地を分割する場合に、境界標が設置されていれば、分割に要する費用は結果的に廉価で、かつ迅速に処理ができます。
6.法14条地図作成の布石となります。
日本の地図作りは、諸外国に比べて遅れています。遅かれ早かれ、いつかは法務局において体系的な地図(不動産登記法第14条に規定されている地図)を作成します。そのときに境界標は不可欠です。つまり、現在境界標を設置することは、将来の地図作製の準備と考えても間違いありません。
7.不動産登記制度の充実になります。
登記簿との現況を合致させることは、登記制度の根幹です。
境界標設置は不動産登記制度の原点といえます。
Copyright(C) 2018 Niigataken-Joetsu-KokudoSurvey.Co.Ltd All rightReserved